読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

とうだいもりのうた

私は勤務先のある工場までマイカーで通勤していますが、車内ではたいていNHKのAM放送を聞いています。朝の早い時間帯の放送「マイあさラジオ」では童謡とか唱歌がかかることが多く、その歌詞やメロディに聴くにつけ、何となくですが心が癒されています。2週…

冬の星座

大寒も過ぎ、いよいよ寒さが厳しくなってきた。ここ藤枝市も年末の異常な寒さは和らいだとはいえ、朝晩はそれ相応に冷え込む。早出の時は、毎朝車のフロントガラスの霜取りは日課になっている。もうすぐ立春、「冬来たりなば、春遠からじ」の言葉の通り、暖…

前代未聞の偽ベートーベン事件!?

作曲家の佐村河内守という人、とんでもない人らしいですね。まあ風貌からしてどうみてもクラッシック畑の人には見えないけどね。 ゴーストライターがいたというのはよくある話でしょうが、この人作曲家でありながら、譜面も読めないとか・・・。NHKが特番を組ん…

立春に思う、春は名のみの風の寒さや…、

ここ数日のニュースは日本列島の大寒波の事を報道している。何でも到る所で観測史上最も寒いとか、最も多いとかを記録しており、また日本のみならず世界中でも冷えに冷えまくっているようだ。あるバラエティ番組で何処かの大学教授が言っていたが、何でもこ…

加藤和彦さんの訃報

それは突然だった。昨日午後、インターネットを何気なく見ていたら、加藤和彦さんの死去とあった。驚いて見てみると、軽井沢のホテルで自殺の報、こんなことがあるのかと!とても信じられなかった。 思えば最初に買ったレコードがフォークル(フォーク・クル…

今年もコスキン・エン・ハポンへ行ってきました。

毎年、10月の第1週の土・日・月(月は祝日)に福島県の川俣町で、フォルクローレの祭典であるコスキン・エン・ハポンが開催される。フォルクローレとはラテンアメリカ諸国の民族音楽を指し、コスキンとはアルゼンチン北部の都市で、毎年1月にフォルクローレ…

コスキン・エン・ハポン

去年20年ぶりに川俣町で毎年10月上旬に開催される、中南米音楽、フォルクローレの祭典、コスキン・エン・ハポンに行ってきた。今年もその時期がやってきたので、子供たちを連れて今日会場のある川俣町まで行ってきた。川俣町までは、山道で結構カーブも多く…

コスキン・エン・ハポンに行ってきました。

コスキン・エン・ハポンとは、福島県の川俣町というところで、毎年10月初旬の土・日に行われる国内最大級の中南米音楽、フォルクローレの演奏会で、今年で30周年になるそうです。実は私も今から20年前の1985年に参加し、2曲演奏しました。 会場の川俣公民館…

30年前から気になっている歌

実際聞いたことがありませんが、今から約30年ぐらい前に「藁人形と五寸釘」というフォークデュオが歌っていた「30になったら」という歌をご存知の方いませんか? 月間平凡か明星の別冊の歌詞本にのっていて、うろ覚えで覚えている歌詞が、「30になったら、…

久しぶりにフォルクローレの演奏を聴きました。

子供たちが、嫁の実家から戻ってきました。たった2日間不在でしたが、やはり嬉しかったのか、いつもよりききわけがよく、また甘えてきました。これがずっと続けばいいのですが・・・。 昨日は、社労士の勉強のための参考書を買いに静岡市に出かけました。帰…