五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

息子を幼稚園に入園させる話

 以前息子を幼稚園の年中組に編入させようとしていることを日記に書いた。息子は、自閉症の疑いがあり、言葉もうまく喋れず、発育が遅い状態なので今は施設に通わせている。その施設では1週間に1回発育相談があり、息子の発育状態や今後の教育の話など相談して頂いている。また毎月1回、近くの病院で、小児科の先生から発育診断も行っている。施設の先生や病院の先生から「ちょっと大変だが、この子は普通の幼稚園に入れてみたらどうだろう。」というアドバイスを受けた。私たち夫婦にしてみれば、多少不安が残るが、この子の将来を考え、社会生活に少しでも慣れてくれればと思い幼稚園に編入させることにした。

息子のこと - 五つの池の喫茶店

 ちょうどこの時期私立の幼稚園は、来年入園する子供のために、父兄に入園案内を行っている。息子の症状のため、どうしても少人数か、先生が1人付きっ切りで面倒をしてくれることが必要である。公立の幼稚園はどうしても人員が足りず諦めざるをえないそうだ。そこで私立幼稚園となるのだが、私立は月謝が高い。でも可愛い(時には憎らしいが)息子のためにもここは頑張らねば・・・。

 嫁はここ1週間、何校か見て回ったらしい。候補に残ったのは2つあり、1つは今娘が通っている幼稚園、もう1つはカトリック系の幼稚園らしい。それぞれに良い点や悪い点があり、嫁は頭を悩ませている。聞いた感じどちらの幼稚園も障害児の受け入れには理解があるようなので自分としてはどちらに編入させても安心である。来週は私の会社の近くの幼稚園を見る予定だが、もしそこに決まれば私が車で息子を送るかもしれない。大変だが息子といる時間が少しは増えるのでちょっとは嬉しい。

 嫁から聞いたが、ある幼稚園で園長先生がお母さんと見学に来ていた子供に「みなさん、こんにちは」と挨拶してこれからお話を始めようとしている時に、息子はいきなり「先生さようなら、皆さんさようなら」と言って嫁の手を引き帰ろうとする。「め!!」と言って我慢させようとすると、地べたに倒れぐずる始末・・・。何とか宥めすかしたが、結構大変だったみたい。(思わず笑ってしまい、嫁から怒られた)また息子がひとりで遊戯で遊んでいる時、横から他の子供が割り込まれたことがあった。息子は腹を立て、その子を横から押してしまったりしている。(自分に似て気が弱いので強くは押さなかったみたい)最初からこれでは、これから団体生活に慣れてくれるのかどうか心配になる。

 幼稚園では、1週間に何回か給食が出るところもある。息子は偏食で食事をさせるのも苦労する。偏食は自閉症の子によくある特徴だそうで、息子は白身の味のついてない焼き魚、卵の白身、干物、塩焼きにした肉、豆腐、白いご飯(お結びも食べるが海苔がついていると駄目)といった物、ほとんど年取った人が好んで食べるものに近いが、それしか好んで食べようとしない。強制すると泣き出し、逃げてしまうので、食事の時間は大変である。食物アレルギーがないので、その点は大丈夫だが、果たしてまともに給食を食べることができるか。このことも不安である。

 何はともあれ、来月ぐらいには行く幼稚園も決まることだし、少しでも社会とコニュニケーションが取れる子供になってくれればと親としては願う次第である。

 

f:id:Kitajskaya:20170623004148j:plain

 

写真:無料写真素材 写真AC ブロック kenstock

広告を非表示にする