五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

幸せの黄色い帽子

 出張も終わり、先週やっと静岡から帰ってきた。研修という名目で行った静岡は立場がお客さんということもあり、仕事が終われば速攻で帰ることができた。滞在先のホテルに帰ってもやることがなく、LANが使い放題なので、フロントに設置してあったパソコンを使い、CAFEの日記を書いた。福島でも早くは帰れるのだが、子供たちと遊んだり、TVを見たりしていて、なかなか日記を書く時間が取れず今日まで来た。

 福島に帰ってきたら、子供たちの学校も既に始まっていた。月曜日の朝小学校に登校しようする娘がいつもなら交通安全の黄色い帽子を被って行くのだが、被っていかない。「何で?」って聞くと「被らなくていいの。」という返事だった。この黄色い帽子は新入生のときに進呈されるらしく、進級すると被らなくていいようだ。その黄色い帽子、国際交流団体がタイの児童の交通安全に役立たせようと、被らなくなった帽子を回収しタイに送っているらしい。福島のピカピカの一年生の登校の安全を見守ってくれた黄色い帽子は海を越えて、今度はタイの子供たちの登校の安全を見守ってくれることになる。こうした児童を通した国際交流が福島でもあるのには正直驚いたが、いいことなので今後も継続されてもらいたいし、これを通じてタイとの友好関係がより一層深いものになることを期待したい。

 タイは、敗戦国の日本を同じアジアの同胞として見捨てることなく国際社会への復帰に尽力してくれた。ただそういった情報はあまり入ってこない。マスメディアの怠慢だと思う。外交官や政治家の人はタイのような親日的な国は大切にしてほしいと思う。中近東の国、トルコも70年代後半のイラン革命のときに、イランから脱出できなくなった日本人のために特別機をチャーターして国外に脱出させたくれた。それに対して日本はきちんとした返礼をしたのだろうか?今の日本の外交は中国、アメリカ、韓国ばかりに主眼を置かれているようで、マスメディアもそうした国々の動向しかメイン報道していないように思える。少しは別な所、東南アジアとか中央アジアにもう少し目を向けたらいいのにと思う。タイもトルコも昔日本から受けた教育や援助に感謝している。親日的であり、日本に対しての礼節をわきまえている。

 何年か前にメキシコの大統領(だったと思う)が来賓で訪日し、国会で演説をしたことがあった。その時何かしらの国会の紛争があって国会議員の約半数が欠席した。いやしくも国を代表する国家元首が自分たちの職場である国会で挨拶をしているにも関わらず、平気で欠席する神経、またそれを咎めようとしないマスメディア、ちょっとおかしいと思う。メキシコの大統領は侮辱され、腸が煮えくりかえっていると思う。(同じことを中国、韓国、アメリカの国家元首が来てもやるのだろうか?)そんな恥知らずの人間、礼節をわきまえない人間が跋扈する今の永田町やマスメディアに外交の着眼点を変えろと言っても聞く耳を持たないだろうな!

 

f:id:Kitajskaya:20170624141404j:plain

 

写真:無料写真素材 写真AC 新一年生~初めての教室 ぽんちょ

 

広告を非表示にする