読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

まじんの書?

家族

 今日、娘の部屋を掃除していたら、幼稚園の時に息子が書いた紙芝居が見つかった。面白い内容なのでちょっと掲載して見ました。 

 むかしむかし、あるところに小さいおとこのこがいました。
 とつぜんないていました。
 「だいじょうぶ」とママがいいました。
 「だいじょうぶだよ」小さいおとこのこがいいました。
 「どうしたの」とママがいいました。
 「ドラゴンにやられてしまってそれで小さくなったの」
 とつぜんまじんがあらわれました。
 「ガォー」とまじんはとてもよわいのです。
 「ザースーケン」そしてとうとうまじんをたおしました。
 ところがはしがありました。
 どんどんはしっていったら、とうとうドラゴン(にあいました? ここは文が書いていなかったので想像です。) 
 「よくここまできたな」とドラゴンがいいました。
 「こいつです。こいつがドラゴンです」と小さいおとこのこがいいました。
 「ハイパーシールド」 「トリャー」といいました。
 「おのれ、グアー」 ドラゴンはとうとうドラゴンをたおしました。

 最後は支離滅裂になっているが、一応物語になっている。最近の幼稚園の教育内容をほとんど知らないが、ほんの5、6歳の園児が物語を作り、それを紙芝居として発表させるなんて凄いなあと感心した。

広告を非表示にする