読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

恐るべし 「ひのもとおにこ」ちゃん

 昨年の尖閣諸島における中国漁船の領海侵犯事件以来、中国政府の日本に対する態度は強硬さを増し、希少資源の輸出規制ゼネコン社員の不当拘束など強大な軍事力と経済力をバックに恫喝まがいな理不尽な要求を押しつけてくる。これに対して民主党政権は及び腰である。領海侵犯事件を引き起こした漁船を早々と中国に返し、船長も一地方の検察の判断というせこい手を使って釈放し、証拠になるビデオ映像もひた隠しにした。こうした経緯を自民党の谷垣総裁は強く非難しているが、谷垣さんも「(領海侵犯をした)漁船はすぐさま本国に送還すればよかった。船長逮捕の判断が間違いだ。」と発言し、民主党以上に中国に対して弱腰である。そもそも中国を厄介な隣人に仕立てたのは歴代の自民党政権である。誤った認識から莫大な援助を中国に対して行い、その結果大きな脅威を作り上げてしまった。その反省の弁を谷垣さんに期待したいたのだが、見込み違いだったようだ。

 今回の尖閣諸島でのトラブルで、中国では四川省陜西省で大規模な反日の官製デモが起きた。若者たちが横断幕を持ち「日本は尖閣から出ていけ」「日本製品ボイコットせよ」と声高に叫んでいる姿がマスメディアを通して私たちの目に飛び込んできた。「日本鬼子」という中国では最大級の蔑称で日本をあらん限り侮辱する、はずだったが・・・!?

 これに対して、その日本から思わぬ形で反撃されることになった。

 中国国内の反日デモで叫ばれている「日本鬼子」という罵倒に対して「ひのもとおにこ」という萌えキャラを作って中国へ返すという草の根キャンペーンができた。私は萌えキャラというものがどういうものか解らないが、この「ひのもとおにこ」ちゃん、例えるならひと昔前のアニメ「うる星やつら」に出てくるラムちゃんに和服を着せた感じである。このキャンペーンは規約を守りさえすれば誰でも参加は自由なようで、今やかなりの数の「ひのもとおにこ」ちゃんたちがいる。早速これをネット上に配信したところ、これを見た中国から「予想できぬ手で来た。日本人は何を考えてるかわからない。」、「罵声を送って、返ってきたのが萌えキャラ、無力感を感じる。」、「負けを認めるべき」等の反応があり、日本に一本取られた格好となった。これはある種の外交的勝利といえるかも知れない。恐るべし日本のおたく文化、「ひのもとおにこ」ちゃん…。

 翻って日本の外務省はどのような対処をしているのだろうか?日本の中国大使は丹羽という商社上がりの経済人だが、この丹羽大使、中国へのODAを増額するように発言している。迷惑な隣人を作り上げたのがこのODAだったことを忘れてしまったのだろうか?日本の国民の貴重な税金が中国の武器に化けてしまった事実をこの人は理解していない。丹羽さんに限らず、経済人たちは自分たちの利潤のみを追求しがちで国益まで考えが行かないようだ。特に大企業のトップになるほどこの傾向が強いようで、10億人の市場という幻想にトヨタ日産などは技術供与までしようとしている。件の丹羽大使の発言だが、お金を出すから仲直りをしてという誤ったメッセージを中国に送ることになり、日本が中国に屈服したというイメージを世界に与えることになるだろう。丹羽さんは尖閣の問題で蚊帳の外に置かれたので名誉挽回をしようと思っているようだが、だったら国民の貴重な税金を使わず自分のお金を出してやればいい。商社のトップまで登り、お金もたんまりあることだろう。少なくとも「ひのもとおにこ」ちゃんは税金を使っていない。

 最後になったが、この「ひのもとおにこ」ちゃんを日本のマスメディアが取り上げた話は聞かない。「ひのもとおにこ」ちゃんが登場してすでに2,3ヶ月は過ぎているというのにである。中国報道には遠慮がちで及び腰なので、中国が困りそうなことは自粛しているのだろうが、実に嘆かわしいことである。私は「ひのもとおにこ」ちゃんを雑誌WILLの日下公人さんのコラムで見つけたのだが、その中に中国に対する抗議デモに参加した人の中に「ひのもとおにこ」ちゃんが沢山いたと記してあった。この抗議デモですらマスメディアはまともに取り上げてはいないが…

ひのもとおにこ」については以下を参照にして下さい。
http://www16.atwiki.jp/hinomotooniko/pages/170.html