読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

がんばれ!西田昌司議員

 先月末、交替勤務で遅く帰った時、たまたまテレビを点けたら「朝まで生テレビ」がやっており、自民党参議院議員西田昌司さんが出ていた。この日の議題は憲法試案だったか、早稲田大学の若い先生が新たに憲法を思案して、それについて論客が意見を述べるような内容だったと思う。この番組は各人が人の意見を聞かずに言いたいことを言い合っていて不愉快な気持ちになるので余り見ないのだが、今回も案の定そうで、田原総一郎のまずい司会ぶりもあって、見ていて段々と腹立たしくなってきた。特に東海大学の金という女、うるさいことに加えしょっちゅう論点から脱線し、あの田原から文句を言われていた。またTVに出るというのにTシャツ姿の若い学者先生なんかいて、「お前常識を考えろよ」と思ったりもした。今回の討論では辻元清美も出ていたが、与党議員になってその無能さが暴かれた所為か、以前の過激さは影を潜め、まるで借りてきた猫のようだった。西田さんも奮闘されてはいたが、あのメンバーではやはり浮いてしまい、見ていて気の毒でちょっと眠かったこともあって、20分くらいしてテレビを消した。

 

 それから2,3日経ってスカパーの262CHの「シアターTV」で西田議員が出演された討論番組を見たが、ここではメンバーが保守系の論客を中心に常識人なので、西田さんも自由に意見を述べられていた。西田さんによれば、国会で政治とカネを追及しているが、実際は政治とカネには興味がないらしい。激しく追及するのは、カネを送る側が問題であって、「反社会団体など国を傾かせるような危険な連中からお金を貰っていいのですか?」と日本人としてのモラルの欠如を糾弾しているそうだ。実際民主党には韓国・朝鮮人、反社会団体またマルチ商法の関係者との繋がりが異常に多い。常識のある国会議員ならばこのような怪しげな連中との接触を敬遠するが、西田さん曰く、「民主党員はお金をくれる人がいい人」で、彼らのほとんどは日本人としての節度やモラルなどない。そういう連中が国家の中枢にいるのだから日本はおかしくなる一方である。

 

 西田さんの国会での過去の質問をネットの動画で見た。質問の指摘内容の鋭さはいたく感銘を受けるが、それより民主党の連中の交際、黒い交際には仰天する。菅直人をはじめ、野田佳彦前原誠司蓮航枝野幸男、こいつらは公安がマークする反社会団体から献金を受けている。野田は「政治家はいろいろな方と付き合いがある。いちいち前歴を調べる訳にはいかない」などとほざいているが、馬鹿も休み休み言え!彼らには日本の政治家として自覚と責任が著しく欠如しているし、一体日本をどうしようとしているのか?恐らくこうした連中のほとんどは日本の国の行く末に対して何も考えておらず、頭の中にあるのは自身の名誉欲や権力欲を達成し維持することのみ、権力のおかげで吸えた甘い蜜をいかに長く持ち続けられるかしか考えてはいない。だから菅直人のように普通の日本人からみて見苦しいことも平気で出来る。

 

 西田議員、頑張って下さい。今の日本に巣食う白アリみたいな政治家を一掃し、保守層を中心とした健全な国家を作り上げて下さい。民主党同様、自民党も現状は褒められた状態にあるとは云えないが、貴方は稲田朋美議員などとともに、僅かに残る日本再生の希望の星だと思っています。あと、僭越ですが、TV出演は番組を選んだほうがいいのでは?「朝まで生テレビ」といったB級番組に出演されると軽薄な無教養な政治家、例えば原口一博のような、と同類項にように見られる気がします。余計なことかもしれませんが・・・。

広告を非表示にする