読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

アルゼンチンよ、掲げないで

 東日本大震災をお祝いします」「独島はわが領土」「歴史を忘れた民族に未来はない」これらは韓国人選手やサポーターが野球やサッカーの試合で掲げられた横断幕、相も変わらず品性下劣で歪な国民性を表している。しかしこの韓国を見習って(?)か同じことをする人たちが現れた。
 

 今月7日アルゼンチンラプラタで行われたサッカーの親善試合「アルゼンチンvsスロベニア」の試合でアルゼンチンの選手が「マルビネス(フォークランド)諸島はアルゼンチンの領土」という横断幕を掲げたそうだ。間近に迫ったW杯ブラジル大会、大会は政治的メッセージを禁止しているが、この行為に対してFIFAはどう対処すのだろうか?そういえば、2012年のロンドンオリンピックでのサッカーの試合で似たようなことがあった。日本対韓国の3位決定戦で勝った韓国選手が「独島はわが領土」という横断幕を掲げてパフォーマンスを行って問題になったことがあった。しかしすったもんだした挙句にお咎めなしだったと記憶している。そういう悪しき前例があるが、まさか今回は有罪という事はないよね?韓国が良くってアルゼンチンがダメってことはよもやないでしょうね!
 

 でもFIFAって韓国人が元副会長とかやってんでしょ!そういえばこの人、昨日行われた韓国の総選挙に立候補しており、その際2002年の日韓W杯で韓国の躍進は審判の買収を臭わせるような発言をして物議をかもした。スポーツを国威高揚の手段をすることには異議はないが、度を越えてはいけない。ましてや支那朝鮮などをメインに備えてはいけないよ?無茶苦茶になるのは目に見えている。さて今回のアルゼンチンの騒動、一体どうなることやら!
 

 

広告を非表示にする