読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

都議のバカ騒ぎ…!?


公式生放送 officialofficial lv183919917【セクハラやじ問題】塩村あや ...

 針小棒大という言葉がある。針のように小さいことを棒のように大きく言うことから小さい事柄を大げさに誇張して言いたてることを指すが、先日東京都議会で起きたセクハラ野次騒動はまさにこのことだろう。

 

 去る18日みんなの党都議会議員塩村文夏女史が一般女性の妊娠・出産について東京都の支援体制を質問中、「自分が早く結婚したらいいじゃないか」「産めないのか」などのやじを受けた。塩村女史は苦笑しつつその場をしのいだが、質問終了後、感情を高ぶらせたのか涙を浮かべた。その後報道陣に女性蔑視だと怒りをぶちまけ、Twitterで顛末をツイートするや塩村擁護の声が上がり、さらに何をとち狂ったか24日には外国特派員協会で記者会見を開き、全世界に日本のセクハラ発言を発信することとなった。会見で塩村女史は名誉棄損とか侮辱罪で訴えることも示唆するなど物騒な発言を行った。
 

 しかしねえ、これってそんなに大騒ぎするほどの事なの?会社や地域で男性が女性に対して、「自分が早く結婚したらいいじゃないか」「産めないのか」と言えばセクハラ発言として問題にはなると思うが、当の塩村女史は議員さんである。議員、つまり政治家である以上男も女も関係ない。つまらぬやじなどその場で一喝すればいいだけの話、その度胸もなければ議員失格だと思う。涙を流すなど小学生でもあるまいし、ホームルームと間違ってんじゃないの!さらに言えば、自分が悲劇のヒロインになった姿に酔って海外メディアに訴えるなんて言語道断、日本のイメージを著しく失墜させるなど政治家としてあるまじき行為である。またメディアもメディアである。このバカ女を煽って何の得があるの?そうやって煽るからこの女が勘違いするんだよそんなことより今報道すべきことがあるだろうと思うけどね。おかげで河野談合、もとい河野談話による韓国の悪巧みが霞んでしまった。恐らく反日メディアはこれを狙ったと思うが・・・!!
 

 こんな常識のない人間が常識のない行動すれば、えてして特大のブーメランが返ってくる。案の定、騒ぎの翌日には早くも塩村女史の真っ黒い過去がネットや週刊誌に暴露された。その一部を列挙してみるが、それはそれは酷いもので、例えば、

 ・付き合った男からタダでは別れない。必ず慰謝料を取る。最高は1500万円の慰謝料を貰った。
 ・交際している男性に妊娠したと嘘を付いて金をふんだくった。
 ・「産めないのか」発言は実はなかった。
 ・みんなの党衆議院議員三谷英弘と不倫中、しかも塩村女史の自宅住所が三谷議員の事務所となっている。
 ・塩村女史が13年3月下旬から6月下旬まで、政治活動や選挙活動として使用していた事務所の家賃が未払いで大家と揉めている。
 ・父親に逮捕歴がある。
 ・加藤茶仲本工事ラサール石井など年の差結婚したカップルに心無いコメント
 ・健康被害にあわれた方へ心無い発言
 ・他の人に、私は彼にこんな酷い事をされて泣いているとアピールするために泣く。
 ・放送作家時代にアイドルを蔑視し、AVまがいな卑猥な事やお仕置きまがいな行為を強制した。
                                               

 
 品性下劣とはまさにこの女にふさわしい言葉、こいつ以前明石家さんま司会していた恋のから騒ぎとかいうバラエティ番組に出演していたようだが、そこで司会のさんまやゲスト陣にひかれまくっていたようだ。こんな女が女性蔑視だとかよく言えるなあと思うし、セクハラって当の本人もやっていたんじゃない。また自ら妊娠をでっち上げた人がだよ、よく妊娠出産についての質問できるなあ、というかあんたにはその質問をする資格はないだろうと思うけど・・・・。

 

 この女、見た感じ上昇志向が極端に高い超高ピー女だが、彼女を諌める人間は周りにいなかったのだろうか?ネットで彼女の経歴などが出ていたが、幼少期はあまり両親の愛情に恵まれなかったのだろうか。ミスコン、テレビ出演、放送作家、華やかな経歴があるようだが、実際のところ彼女はあまり人間関係には恵まれていなかったように見受けられる。異常な上昇志向と金銭欲はそのことを表れだし、恐らく彼女には胸襟を割って話す友達もいないのではないだろうか?だから他人に対しても平気で残忍なこともできるし、嘘を付いたり裏切ったりすることも躊躇う事なく出来る。恐らく彼女にとって、彼女を常識人に導く“愛の説教部屋”はどこにも存在しなかったし、彼女自身が作ろうとしなかったのだろう。そう考えれば悲しい女だね、塩村文夏さん、あなたは・・・・。

 

 追伸:悪行がばれて、ニッチもサッチもいかなくなった塩村さん、そこに思わぬところから救世主が現れた。そう兵庫県が生んだ稀代のバカ、野々村県議である。このあまりにスケールが大きいバカさ加減により塩村さんはもはや話題にすらされなくなった。塩村さんにとっては“野々村さまさま”だね。

広告を非表示にする