読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

今週のお題「さむい」 を記事にしてみました。

天気・気候・歳時記

今週のお題「さむい」  

   早いもので1月もすでに3週間余り過ぎてしまい、もうすぐ2月になる。正月から連続で書いたこのブログも3日坊主の言葉通り、3日で途切れてしまった。もともと飽きっぽい性格なのだが、自分が読者登録している方々の記事がとても面白く、知的好奇心をくすぐるもので、読んでいるうちに時間が経つのを忘れ、気付いてみたら明日の仕事に差し障る時間になっていることがしばしば。結果、ブログを書いている時間が取れなくなってしまった。さらに言えば、読者登録している方々のブログ記事が秀悦すぎて、記事を書くのを尻込みしていることもある。(本音を言えばこちらのほうが強いかな・・・。)

   私は交替勤務をしているので早出と遅出、時には夜勤もある。最近は早出が多く、朝早いので、遅くとも午前5時前に起きている。寝不足気味でつらいのだが、ただ早く帰れるという利点がある。早く帰って得することは、一番風呂に入れることだ。冬の寒い時期、温かい湯船につかることは仕事の疲れを癒す至福の時でもある。またガス代節約を兼ねて、息子と一緒に風呂に入って話す。普段はゲーム三昧の息子だが、風呂には一緒に入りたがるので、うれしい。

 遅出の時は、手当がつくので金銭的にはいいが、我慢できないのは風呂。私はシャワーというものがどうしても苦手で、湯船につからなければ我慢できない。遅出の時、帰宅は午前2時とか3時になるが、自宅(といっても貸家だが)の風呂は追い炊き機能がついておらず、湯船につかるためには帰ってから、残り湯を捨ててもう一度入れ直さなければ温かいお湯につかることができない。シャワーを使ったこともあるが、築30年余りでまた暖房機能がエアコンしかないため、風呂に入るときも出るときも凍えるほどさむい。火事の心配があるのでストーブは禁止されており、唯一の暖房器具であるエアコンは、温度設定MAXの31℃にしても、夜1人のため、なかなか部屋が温まらない。温まっても床のほうはとにかくさむい。家屋の老朽化ゆえに隙間風が入るのが原因と思うが、寒さに震えながら毛布にくるまって食事をし、テレビとかビデオをだらだら見ながら夜明け前に風呂に入って寝る。遅出の週は、当然ながら子供たちとはすれ違いで、休みの日になって初めて顔を合わせる。

 昨年の2月は遅出が多かったが、風呂を2度沸かすこととどういうわけか娘が湯船につからず、毎日シャワーばかりを20分以上浴びたせいでガス代が28000円に跳ね上がってしまった。おまけに寒いものだからエアコンを1日中使ってしまい、電気代もかかなりの額になって光熱費が高騰し、家計を圧迫してしまった。さすがに娘には注意したが、ガス代が上がったのは私にも責任がある。だから寒いのを我慢して、泣く泣くシャワーを浴びて速攻で蒲団にくるまって寝た。ただ寒がりなので、週1回、金曜日、あけて土曜日の深夜だけは湯船につかるため、お湯を入れ直したが・・・。(ちなみにこれは娘には内緒である)

 以前不動産屋さんに追い炊き機能はどうしてないのか聞いたことがあるが、やはり火事が心配みたいで、聞いた限りでは静岡県の賃貸物件にはほとんど追い炊き機能の付いた風呂はないそうだ。福島に住んでいたころは追い炊き機能があって、常に温かい湯船につかることができ幸せだったが、今思えば、寒い北国では追い炊き機能がなければ、凍え死んでしまうだろうなあ。東日本大震災からもうすぐ4年になるが、いまだ仮設住宅で暮らしている方が10万人もいるという。その方たちは毎晩温かいお風呂にはいっているのだろうか?あの震災さえなければ、今頃みんなそろって温かい団欒があっただろうに・・・。被災地の一日も早い復興を心より願っています。

f:id:Kitajskaya:20150125020634j:plain 阿武隈川から福島市街を

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!