読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

とんでもない政治資金の使い方

 ここ数日めっきり寒くなりました。静岡でも最低気温が10℃を下回るようになり、季節は冬に一歩一歩近づいています。借家である自宅、間取りは4LDKと広いのですが、築35年の家屋なので、隙間風があちこちから入ってくるせいかとにかく寒い。エアコンもありますが、あまり効果はなく、部屋にいるときはどうしても厚着にあります。寒くなって特に困るのはお風呂。かつて子供たちが小さかった頃、一緒に子供たち2人と一緒に入っていましたが、彼らもお年頃、今は家族4人が順番に入ります。息子はともかく娘は入っている時間がとにかく長い。下手したら風呂から上がった後の身繕いを含めてかれこれ1時間以上も入っているときもあり、私が風呂に入るころにはお湯はすっかり冷めてしまい、ぶるぶると震えあがる始末、堪え切れずにお湯を足すのですが、そうなると怖いのが毎月のガス代。去年か一昨年の2月のガス代が2万円を超えてしまい、効きもしないエアコンを使っている電気代を含め、光熱費がしめて5万円以上になってしまい、金欠の我が家の財政が崩壊寸前になったこともあります。今年もそうならないことを祈るばかりですが、さすがにこればかりは見通しが立ちません。

 最近は忙しくなったこともあり、なかなかブログを更新できずいました。そんな中、今朝の産経新聞にとんでもない記事がありました。以下は記事の引用です。

 民主党の小見山幸治参院議員(53)=岐阜選挙区=の資金管理団体「未来改革幸山会」が昨年3月、ダイエットジム運営会社「RIZAP」(ライザッ プ、東京)に政治資金から75万円を支出していたことが分かった。ジムは小見山氏本人が利用していたといい、昨年1月から秋頃にかけて東京都内の施設を複数回利用したという。

 小見山氏の事務所は取材に対し、「政治活動の一環で、問題はないと認識している。ダイエットが目的ではない」と説明した。

  事務所によると、支出は27日に岐阜県選挙管理委員会が公開した昨年分の政治資金収支報告書の中で、「スポーツクラブ会費」の名目で記載した。ジムの利用について、事務所は「政治家としてスポーツ振興などに取り組んでいる。肉体を絞ることを体験することで、スポーツをしている人たちとより身近になれ、政治活動に生かせると考えた」と話した。

 小見山氏は平成22年の参院選で初当選。民主党岐阜県連代表を務めている。

             産経新聞 2015年11月29日付 政治資金を使い「RIZAP」

  ジムに通うことが“政治活動の一環”、“肉体を絞ることを体験することが政治活動に生かせる”・・・???アホな私にはどうも理解できませんが・・・。過去にも政治資金から漫画を買ったり、食料品や日用雑貨、果てには子供のおむつ、更に言えば高級クラブ通いやSMバーの代金まで政治金から流用している政治家もいて、薄給に泣く私にとっては羨ましくもあり、かつ腹立たしいものです。

 そもそも政治資金とは何なのか?このことを子供に聞かれても返答に窮するので、ちょっと調べてみることにしました。Wikipediaによると、

政治資金とは、個人、政治団体、政党などが、それぞれの政治目的を達成するために、その活動上必要とする資金をいう。

 政治資金には大きく分けて、個人や企業・団体が寄付する寄付(献金、政治団体が政治資金を集めるために開催される政治資金パーティ、国民の税金で政党の活動を支援する政党交付金があります。

 政治家の仕事は国民の生活を豊かにしたり、国の将来を見据えた長期的なビジョンを構築したり、国内外の脅威に備えるなどその責務は私のような下等国民と比較すべくもなく重いもの。だから個人的には、政治資金の使い道についてあれこれ詮索するほど野暮ではありませんが、それにしても限度があります。

 先ほど述べたとんでもない政治資金の使い道についても、それが日本の国や国民のためになるならともかく、一部解釈によってはそう取れるものもありますが、ほとんどが私用のためでしょう。おむつが政治資金として認められるのなら、その理由を説明してほしいし、第一「そのくらい自分の金で買えよ!」と言いたいです。第一こんなことを普通の民間企業でやったらどうなるか?RIZAPの領収書を見せて、「これは営業活動の一環です。」とか言ったり、はたまたSMバーの領収書を見せて「これは広報活動です。」とか、大口の取引が成約されるならともかく、そんな非常識な請求はまず通用しないでしょう。

 と、ここまで書いてみましたが、政治資金にまつわる問題って、政治家もそうですが、実は政治家の周りにいるスタッフの資質も関係があると思います。政治権力を監視し、批判することで日本を正しい方向に導くと妄信しているマスコミにとって政治家のスキャンダルは格好の種。今回の小見山さんのケースも公に公開される政治資金収支報告書にRIZAPの領収書を張り付けていれば、マスコミから叩かれるのは自明の理の筈。今回のケースはどうだかわかりませんが、政治家が明らかに不魅了な領収書を出して来たらそれを精査し、時には諌めるのがスタッフの役目だろうし、馬鹿馬鹿しいスキャンダルから政治家を守り、本来の政治家の仕事に精進させるのがスタッフの仕事だと思います。

 愚だ愚だと今回も書いてしまいました。私は政治家の知り合いもいないし、政治家のスタッフの人たちの仕事を全く知りません。ですから「何も知らない奴が無責任なことを書きやがって!」と怒りを覚える方がいらっしゃるかもしれません。所詮私は社会常識を知らない世間からはぐれてしまったはぐれ鳥、「又バカな奴がバカなことを書いている。」と一笑に付していただければ幸いです。

 

f:id:Kitajskaya:20150920001714j:plain

 

参照:Wikipedia 政治資金政治資金規正法政治献金

   公明党 政治とカネってなんだろう?

写真:無料写真AC 国会議事堂 acworks

お恥ずかしい文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。クリックして応援していただけたらうれしいです!


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする