読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

年の瀬、ブログ記事で私や家族の2016年を振り返ってみました。

 前回の記事から1か月以上も更新しておらず、気が付けば2016年も残りあと僅かになっていました。今年は下期になって仕事が忙しくなったこともあり、2004年にブログを始めてから、更新した記事の数が最低を記録(?)しました。このブログの主なスタイルとして自分の興味のあることをネットや書籍などから調べ、だいたい2000字から5000字くらいにまとめていくのですが、今年は興味がある話題があまりなかったことと自分自身が気力が萎えたこともありますが、なかなか記事を更新できずにいました。2017年はもう少しブログに記事を投稿したいと思っています。鬼が笑わなければいいのですが・・・。

 前置きは長くなりましたが、私と私の家族の2016年を振り返ってみたいと思います。

 まず1月。1月は金運が上昇。と言っても1万円弱ですが、はてなブログのキャンペーンとTOTOの抽選が当たり、馬刺しと4000円の金額をGETしました。馬刺しは家族で4000円は会社の新年会の会費に使いました。

  馬刺しをGETした記事がこれです。

kitajskaya.hatenablog.com

 2月、娘の高校入試が始まり、藤枝市内の私立の高校を受験し、何とか合格、続く3月、本命の藤枝市内の県立高校にも何とか合格しました。

kitajskaya.hatenablog.com

 3月は息子の東京への研修旅行があり、初めての集団生活が危ぶまれましたが、何とか無事こなして一安心。また娘と嫁がスマホデビュー、ちなみに私はまだガラケーのままです。

 4月は大分の実家から娘の合格祈願として身延山の合格祈願のお札を贈られていましたが、そのお礼に身延山へお参りに行きました。

kitajskaya.hatenablog.com

 5月、財政逼迫の我が家に起死回生の策として、嫁が働くことに。週に4,5日で、だいたい3時間から4時間くらいですが、それでも赤字転落していた家計には十分な財政支援で、今では貯蓄は無理ながら何とか黒字に転換しました。

 私と嫁は社内結婚ですが、結婚してから今まで、自分の小遣いにすることを除き、嫁は働いたことはありませんでした。これは息子のこともありましたが、結婚した時の約束「家計のためには働かせない」をこれまで私が頑なに守っていたからです。今回でこの約束が反故にされたわけで、さすがに嫁は怒りはしないものの落胆はしていましたし、十数年ぶりに働きにせいか、いろいろと昔とは勝手が違うようで苦労しているようです。何だか申し訳ない・・・・・。

 6,7月は特になし。8月は我が家のメインイベントである大分への帰省。今年は夫婦ともども運転免許を忘れると大失態を犯しました。藤枝市もそうですが、田舎では車がないのは致命的で、車がないと本当に何もできない。両親はともに80代と高齢で、母の方は運転免許を返上しましたが、父の方はまだ返していません。いずれは返上することにはなりますが、それまでは事故が起きないように願っています。

 帰省中は車がないので遠出は出来ない、そのため流行りの「ポケモンGO」を使って実家の近所を散策しました。その時の記事がこちら。毎年帰省していますが、田舎もいろりろと変わっていますね。最も驚いたのは図書館が移転してすっかりオシャレなものになっていたこと。子供の頃は小学校とそんなに変わらないちっぽけな物でしたが、変われば変わるものなんですね!?

kitajskaya.hatenablog.com

 8月は私と息子が藤枝市のボランティアとして藤枝市の総合運動公園で毎年開催される「全国PK選手権 in Fujieda」に参加しました。さすがにサッカー経験者ではないので、メインではなくアトラクションの応援に駆り出されました。今まで職場体験のない息子ですが炎天下の中、あまり休みもありませんでしたが、頑張って職務をこなしました。息子の成長を実感した瞬間でもありました。

 9月は特になし。10月は娘が名古屋へ研修旅行。また娘の学校の公開説明会があり、文化部紹介で箏の演奏があり衝撃を受けました。曲も洋風で演奏スタイルも箏のイメージを180度変えるものでした。娘は違う文化部でしたが、娘のことはそっちのけで箏の演奏に見入っていました。何でも娘の学校の文化部には箏の演奏で全国2位の人がいるそうでその文化部の入部希望者が殺到しているようです。

 11月も特になし。12月は息子が静岡県の私立中高のデザインコンクールに入賞したので静岡まで作品を見に行きました。そして年末は嫁の実家である神奈川に明日帰省します。

 では世間では2016年はどういう1年だったのか?今朝の産経新聞に号外で振り返る平成28年という記事があったので載せてみました。

 

1月6日 北朝鮮が4回目の核実験を行い、「初の水爆実験に成功」と発表。「強化型原爆」とみられている。

1月15日 長野県軽井沢町でスキー客を乗せたバスが道路脇に転落。大学生15人が死亡した。(後日を含む)。

1月16日 台湾の総統選で、野党民主進歩党蔡英文氏が勝利した。女性総統の誕生は史上始めて。

1月28日 甘利明経済再生担当相が金銭授受疑惑の責任を取り辞任。第2次安倍内閣発足後辞任した閣僚は4人目。

1月29日 日銀は金融政策決定会合で、追加緩和策として日本で初めてとなる「マイナス金利」の導入を決めた。

2月26日 平成27年国勢調査の速報値で、日本の総人口は1億2711万人、調査開始以来初めて人口減となった。

3月22日 ブリュッセルの地下鉄駅と国際空港で同時テロ。32人が死亡、日本人2人を含む約340人が負傷した。

3月30日 台湾の鴻海精密工業が、シャープの買収を取締役会で決議。シャープも鴻海の傘下入りを受諾した。

4月16日 2日前の震度7に続き熊本県震度7熊本市によると12月28日現在、関連死を含め173人が死亡。

4月20日 井山祐太六冠が十段戦五番勝負で伊田篤史十段(当時)に勝ち、26歳で囲碁界初の七冠独占を達成した。

5月27日 オバマ米大統領が広島市平和記念公園を訪問し、原爆死没者慰霊碑に献花した。現職大統領として初。

6月4日 ボクシング元ヘビー級王者のムハマド・アリ氏が74歳で死去。プロ戦績は61戦56勝(37KO)5敗。

6月9日 尖閣諸島沖縄県石垣市)北東の接続水域に中国海軍の艦艇1隻が侵入した。海軍艦艇による入域は初。

6月13日 米南部フロリダ州の観光都市オーランドのナイトクラブで男が銃を乱射。49人が死亡、53人が負傷した。

6月15日 東京都の舛添要一知事が、政治資金「公私混同」問題などの責任を取り、辞表を提出した。

6月24日 英国のEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、離脱が決まった。テリーザ・メイ氏が新首相に。

7月3日 バングラデシュ・ダッカの飲食店襲撃テロで、菅義偉官房長官邦人7人の死亡を確認したと発表した。

7月11日 参院選が投開票され、自民党などの改憲勢力が国会発議となる3分の2以上の議席を得た。

7月12日 オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、中国が南シナ海に設定した「九段線」に法的根拠はないと認定した。

7月15日 仏ニースでトラックが暴走、80人以上が死亡した。犯人の男は短時間に過激思想に染まった可能性も。

7月26日 相模原市障害者施設で入居者19人が刺殺され、近くに住んでいた元職員の26歳の男が逮捕された。

7月31日 第58代横綱千代の富士として活躍した九重親方が死去。31度の優勝を果たし、国民栄誉賞にも輝いた。

7月31日 舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選で、元防衛相の小池百合子氏が当選。初の女性都知事に。

8月8日 天皇陛下が、象徴としての在り方などに関するお気持ちを表明し、「譲位」への強い思いを示された。

8月8日 米大リーグ、マーリンズイチロー外野手が、史上30人目となるメジャー通算3000安打を達成した。

8月9日 リオデジャネイロ五輪体操男子団体総合で日本が金メダル。2004年のアテネ大会以来3大会ぶりの快挙。

9月10日 プロ野球セ・リーグ広島が25年ぶり7度目の優勝。6月5日に首位になり最後までその座を守った。

10月3日 東京工業大大隅良典栄誉教授に、2016年のノーベル医学・生理学賞が授与されることが発表された。

10月27日 天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁殿下が、心不全のために薨去された。皇族最高齢の100歳だった。

11月8日 福岡市博多区のJR博多駅前で、道路が長さ約30㍍、幅約27㍍、深さ約15㍍にわたって陥没した。

11月9日 米大統領選で共和党のトランプ候補が当選を決めた。白人中間層の支持を集め、大方の予想を覆した。

11月26日 キューバ革命を主導し、反米の社会主義国家を率いたフィデル・カストロ国家評議会議長が死去した。

12月9日 韓国の朴槿恵大統領の友人の国政介入事件で、国会が弾劾裁訴追案を可決。与党議員も約半数が賛成した。

12月16日 安倍晋三首相がプーチン露大統領と会談。北方四島での共同経済活動のための交渉を進めることで合意。

12月28日 安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾を訪問。戦没者を慰霊し、日米の「真の和解」をアピールした。

 

 2016年は災害とテロの1年だったように思います。来る2017年はせめて禍が少しでも減るように心から祈っています。

 

f:id:Kitajskaya:20161229112229j:plain

 

参照:産経新聞2016年12月29日付 号外で振り返る平成28年

写真:無料写真素材 写真AC 年越しそば きなこもち

 

お恥ずかしい文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。クリックして応援していただけたらうれしいです!


人気ブログランキングへ