読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

‘イラン’ことをするな!鳩山さん

日本・政治

 4月7日からイランを訪問していた元総理大臣の鳩山由紀夫が先日帰国した。今回のイラン訪問は政府の正式な要請ではなく、政府は再三訪問を中止するよう、鳩山さんに申し入れいたが、本人は全く聞く耳を持たなかった。玄葉外務大臣藤村官房長官はあからさまに不快感を示している。案の定、イラン側から「鳩山氏は国際原子力機関IAEA)が二重基準を取っていることを批判した。」と報じられた。西側諸国の分断化を目論むイラン側にうまく利用された訳で、まんまと‘ハト’が‘カモ’にされた。鳩山さんは発言を否定しているが、後の祭り、日本はそれこそ‘二重基準‪’を取っているように世界は見るだろうし、お世辞にも褒められない日本外交に更にミソをつける結果となった。また鳩山さんはイラン側の報道に対して「捏造だ!」と喚いているようだが、一国の政府に「捏造」は失礼だろう。鳩山さんには、日本の元総理大臣という立場や言動、振る舞いが国際社会からどう見られるかわかっているのだろうか?まともな人間なら国際社会の影響力を考え、慎重に行動するだろうし、外交の打開策を取るにしろ周りと事前に協議し承諾を得ると思う。今回の鳩山さんの行動は、そのいずれもなく、思いつきや自分をアピールするためにやったとしか思えない。

 イランの制裁措置で自体が緊迫し、イランがホルムズ海峡を封鎖し石油が中東から入って来なくなったら?そういった最悪の事態に備えて、イランと長年の友好国である日本が独自の外交チャンネルを持つことは批判さることではないと思う。イランは親日の国でも知られている。しかもイランと直接に交渉しているのは米・英・仏・露・中・独のみ、日本は蚊帳の外に置かれているだけになおさらである。ただそうするには政府首脳及び外務省の高等な外交テクニックと人選が必要である。また関連諸国との事前の協議も調整しなくてはいけない。今の政府や外務省にそのような頭が切れる人材は見当たらない。

 イランに特使を送る考えは悪い事ではないと思う。しかし行った人間が悪かった。最も行かせるべきでない二人のうち一人が行ってしまった。(もう一人は菅直人)総理大臣だった頃、鳩山さんは沖縄の米軍基地を巡る問題で右往左往し、結局日米関係に大きな傷痕を残した。また東アジア共同体を構想するなどしたが結局は特アにうまく利用されたようなもので、外交的なセンスは皆無と言っていい。総理として‘無能’だったのだ。しかし本人にはその自覚が全くない。今回のイラン訪問だって、政府や民主党が正式に要請したわけではない。(外交のセンスの欠片もない人に要請する人はいないと思うが…)自分が勝手にイランを訪問し、言った言わないのトラブルを起こして帰ってきた。しかも貴重な国民の税金を使って・・・。本人は今回の訪問を「非常に行ってよかった。核兵器のない世界をつくりたいと強く申し上げ、イランのアフマディネジャド大統領はじっくり耳を傾けた。大統領からも機微なよい話をしてもらった。」と自ら成果をアピールしている。内外からの批判に対しても「「イランに赴き、日本の立場を真剣に訴えることが政治家、首相を経験した人間としての使命かと思った」と反論している。(参照:msn.産経ニュース2012.4.12)鳩山さんにとって、日本の立場って何なん?この人、日本の立場を貶めることしかしていないじゃんよ!民主党政権になってから内患外憂に悩まされきた。それも鳩山さんがそれこそ‘イラン’ことをしてね。お金が沢山あり、生活に不自由することなない鳩山さんにとって、日本国民がどうなろうと知ったこっちゃねえ、自分の名誉欲を満たすことがすべてなんだろう。やってることは支離滅裂だが・・・。

 鳩山さん、お願いだから‘イラン’ことをしないで!お金が沢山あるのだからおとなしくしていてよ!それとも恵まれない人や震災で被災した人に援助してあげな。それがあなたが掲げる「友愛」でしょ!自国の民を救済できないで、よその国の事に口出しはできないでしょう、常識的に考えて!それと民主党の人は、どうしてこんな外交センスの欠片もない、「無能の人」を党の外交顧問(ちなみに菅直人はエネルギー担当だとか。取り返しのつかないことした人間をこのようなポストに就ける、野田総理も頭がおかしいんじゃない。)にしておくの?百害あって一利なし、即刻、顧問をのポストを返上させ、国会議員を辞職させる、それが日本の為だと思うよ。

 追伸;鳩山さん、今度はパレスチナに行くそうだ。(行くならイスラエルだと思うけど)懲りない人だ。