読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

ゲスの世代!?

 今年に入って芸能界は慌しいですね。ベッキーの不倫騒動に始まり、SMAP解散騒動、つい最近では元プロ野球選手の清原和博氏の覚醒剤所持での現行犯逮捕というのもありましたね。これは政治の世界も同様のようです。ちょっと前の産経新聞に面白い記事が掲載されていました。

 平成24年に初当選した自民党衆院議員に、不祥事が相次いでいる。女性タレントとの不倫で議員辞職願を提出した宮崎謙介衆院議員だけでなく、金銭トラブルや不適切発言などスキャンダルが多い。与野党には、政治経験の浅い新人が大量当選する小選挙区制の弊害を指摘する声もある。

 「こういう議員の存在は、国会議員の品位をおとしめている。今や『2012年問題』ともいわれる」

 15日の衆院予算委員会で、民主党緒方林太郎氏は、宮崎氏ら24年初当選組の不祥事を並べ立てた。

 これに対し、安倍晋三首相は宮崎氏について「ああいう形で辞任したのは党総裁として申し訳ない」と陳謝。「こうしたことが起こらないよう、議員である前に人間として襟を正す必要がある」と厳しい表情で語った。

 なぜ不祥事が同じ世代に集中するのか。自民党谷垣禎一幹事長は15日の役員会で「反省しなければならないのは、若い議員を教育できなかったことだ」と述べたが、それだけが理由ではないようだ。

 24年衆院選民主党政権に対する世論の反発が強く、自民党は新人119人を当選させて政権を奪取。次の26年衆院選も多くが生き残った。小選挙区制は政権交代を可能にするが、その半面、政治経験や社会経験の乏しい多数の新人議員を生む傾向がある。

  また、公募の弊害との指摘もある。自民党は議員の世襲批判を受け、16年(衆院埼玉8区補選)から本格的に公募制度を導入。通常は書類審査や論文、面接な どで選考し、若手起業家や官僚の応募も多い。ただ、人物像を見抜くのは難しいようで「新人が100人いれば、1人や2人おかしいのがいても当然」(自民党 幹部)とされる。宮崎氏も公募出身だった。

 それでも、自民党は夏の参院選比例代表候補を公募で選ぶという。1月31日に締め切った公募には458人が応募。今後、書類審査や面接で約10人を選び、ネット投票で1位になった人物を擁立する方針だ。

 平井卓也選対副委員長は2月5日の記者会見で、「予想以上の応募者数に感激した。政治への熱い思いを感じる」と語ったが、熱い思いが本物か見極める必要がありそうだ。

               産経新聞2016年2月16日付 自民24年組なぜ不祥事連発!? より引用

  どの世界にもある時期に優れた人材が集中することはよくあります。プロ野球で言えば、KK世代や松坂世代、大相撲の世界でも若貴世代とあったような気がします。バスケで言えば、キセキの世代。あ、すいません。これはアニメの世界でした。政治の世界にもこのようなケースがあるとは思いもよりませんでした。ただ残念なのは、スポーツの世界が突出した人材なのに対して、かなり政治家のモラルを疑うような人材なようで、産経新聞の記事のもあるように不祥事を連発しているようですね。例を挙げてみると、

中川郁子、門博文両氏~平成27年3月、当選同期で、同じ党二階派の両氏が都内の路上でキスをしている写真を週刊新潮が報道

大西英男氏~平成27年6月、党若手議員の勉強会で、安全保障関連法案に批判的な報道機関に対する圧力とも取れる発言をして、党が厳重注意処分

武藤貴也氏~平成27年8月、知人に未公開株の購入を持ち掛け、金銭トラブルになっていると週刊文春が報じ、離党

・宮崎謙介氏~平成28年2月、妻の金子恵美衆院議員の出産直前の1月30日に、女性タレントを京都市内の自宅マンションに泊めていたと週刊文春が報じ、議員辞職願を提出

 ただこの世代、自民党だけではなく野党の方にもすごい方がいらっしゃいましたね。そう「維新の党」所属、「浪速のエリカ様」 こと上西小百合議員です。国会さぼって秘書の方と温泉旅行に行ってましたね。

 まあ自分のことを棚に上げて書くのは気が引けますが、揃いも揃ってよくやるよって感じですかね。特に不倫なんかは見っとも無いからホントにやめて止めてもらいたい。グダグダと書きましたが、自分なりにこの世代の愛称を考えてみました。やはり今やもう時代遅れになってしまった感がありますが、やはり1月マスメディアを賑わせてくれた“ゲスの世代”というのが似合っているかもしれませんね。怒られるかもしれませんが・・・・。

 

 おまけの音楽:黒子のバスケ~圧倒的な強さを誇る“キセキの世代”が登場します。


黒子のバスケ第3期 OP3

 

 

 

f:id:Kitajskaya:20160221211134j:plain

 

参照:産経新聞2016年2月16日付 自民24年組なぜ不祥事連発!? 

写真:無料写真素材 写真AC 記念日にシャンパンで乾杯 glow

 

お恥ずかしい文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックして応援していただけたらうれしいです!


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする