五つの池の喫茶店

私が日々思っている事を徒然なるままに書き綴ってみました。興味のある方はお立ち寄りください。OCN CAFEに2004年9月から記載された日記をOCN Blog人に引き継ぎ、さらにこのHatenaBlogに移設いたしました。

愛に積極的なオンナ、待つオトコ~47都道府県別 生活意識調査を見て

今週のお題「バレンタインデー」

 2月もそろそろ中盤、相変わらず寒い日が続いており、先週は暖かいはずの静岡でも毎朝の最低気温が氷点以下に下がる日も何日もありました。立春を過ぎて、暦の上ではもう春ですが、この分だと寒い日は3月いっぱいまで続き、桜の開花も去年以上に遅くなるじゃないかなあと思います。

 さて今年は自分の中で執拗に昨年末に掲げたブログ記事達成のノルマに縛られています。この事で夜眠れなくなったり、仕事が手につかなくなるということはありませんが、休日パソコンの前に座っているとどうしても気になってしまうんですね、これが・・・!!で、購読している新聞やラヂオなどのメディアで関心がありそうなものを探しているのですが、なかなか見つかりません。

 そこで、困ったときの「今週のお題」頼りですが、今回のお題は「バレンタインデー」!?これは恋愛経験と女性経験に乏しい私、要するにモテないってことですけどね、にとっては記事にするにはかなり無理があるということで、「さすがにこのネタでは投稿できないなあ」と諦めかけていました。

 しかし、何日か前に私の“”読する“日刊ゲンダイ”に面白い記事を発見したので、今回はその内容に関して記事にしてみようと思いました。

 

恋愛における「告白」についての調査

 日刊ゲンダイの記事では、ソニー生命保険が毎年実施している「47都道府県別 生活意識調査2018」において、今回から恋愛観に関する質問が追加されたとありました。2017年11月に全国の20~59歳の男女4700名(各都道府県100名)でインターネットで調査を行い、恋愛に関する内容について、2つの選択肢を提示し、どちらの選択肢に対して同意する割合が高いかで都道府県のランキングを算出したそうです。

 恋愛の告白については「自分から告白するほう」と答えた女性は全国平均で19.4%、男性は36.9%とあり、逆に告白を「待つほう」と答えた女性は54.1%、男性は26.9%という結果になったそうです。

 都道府県別にみると、「自分から告白する」女性が最も多いのは山梨県、男性は埼玉県。「待つ」女性が最も多いのは徳島県、男性は大分県でした。残念ながらソニー生命の調査では上位の都道府県しか公表されていませんが、これらの詳細をまとめてみました。

◆恋愛における「告白」について

 自分から告白するほう (全国平均) 男性 36.9% 女性 19.4%

  男性 1位 埼玉県 50.0%  

      2位 滋賀県京都府 48.0%

      4位 宮城県、東京都、福井県愛媛県 46.0%

  女性   1位 山梨県 34.0%

       2位 茨城県群馬県、埼玉県、東京都、兵庫県 26.0%

 

 待つほう (全国平均)  男性 29.6% 女性 54.1% 

  男性 1位 大分県 44.0%  

      2位 山形県 42.0%

      3位 岐阜県静岡県 40.0%

      5位 新潟県、石川県、山梨県三重県 38.0%

  女性 1位 徳島県 68.0%  

      2位 滋賀県広島県 66.0%

      4位 茨城県静岡県 64.0%

 

 今回のソニー生命の調査では、恋愛においては自分の方から「告白」するほうであると答えた男性が36.9%、世間では“草食系男子”と揶揄されるような大人しい男性が増えているとはいえ、やはり男性の方が積極的なのですね!? 女性の方は告白を待つほうが54.1%と、過半数を超えています。恋愛に積極的な肉食系女子が増えているとはいえ、やはり女性は恋愛に対しては受け身な方が大半だとわかり、私は恋愛に関しては保守的な考えなので、この結果にはほっとしました。(どうも肉食系の女性は苦手です!!)  

恋愛に積極的な女性は山梨県、奥手なのは徳島県!?

  恋愛における「告白」について、自分から告白すると答えた女性が最も多かったのは山梨県で、全国平均の約1.8倍です。その理由として、日刊ゲンダイの記事では、県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」の矢野新一さんの見解を掲載しています。

 それによると、

  • 山梨は平地が少ないので、男子が多数生まれると土地を奪い合わないように次男、三男は県外に出る。女性は彼らが出ていく前に告白して繋ぎ止めておこうと考える。
  • 女子は幼い頃から、親に「いい男を早く捕まえておけ」と教えられる。

  どうなんでしょう?山梨県の女子は幼い頃から「いい男を捕まえておけ」と教育されるって、私にとっては、俄には信じがたいお話ですが・・・!?

 また47都道府県の性格、恋愛・結婚観、相性などをまとめた「47の県民性」というサイトがあり、山梨県出身の女性の恋愛・結婚観についての記述がありました。

 それによると、

  • 恋愛に積極的
  • 一途で尽くすタイプが多い
  • 明るく親しみやすい性格
  • 中身は意外と現実主義
  • 性生活は開放的
  • 負けず嫌いの人が多い

  これら2つの検証では不十分かもしれませんが、山梨県出身の女性は肉食系で、恋愛に積極的な方が多いのはアリなんじゃないかと思います。なお2位には茨城県群馬県、埼玉県、東京都と関東地方の都道府県が軒並み顔を出しています。関東地方の女性は愛の告白に積極的な方が多いようですね!?

 逆に告白を「待つほう」と答えた女性が最も多かったのは徳島県という結果でした。この結果は意外でした。というのも、私には学生時代に徳島県出身の男女の知り合いがいて、女性のほうは気が強く、男性は常に女性の尻に敷かれているという印象が強かったからです。またお隣の香川県出身の男性が常に「徳島は女が強い」と口癖のように言っていました。

 徳島県出身の女性について、先ほどのサイト「47の県民性」を覗いてみると、

  • 情熱的
  • 基本的には一途だが、阿波踊りなどのイベントがあると開放的になる
  • 結婚するには「阿波女」という言葉あるくらいに結婚相手には向いているが、浮気しやすさも全国一
  • 明るくて活発
  • 気が強くて、自分の意見を曲げない

 私の無責任な見解をいいますと、徳島県出身の女性は気が強そうに見えて、実は総じて恋愛に関しては奥手で、男性と付き合ってしばらくして、徳島県出身の女性には大変失礼なのですが、やはりその本性(?)というものが出てくるのではないでしょうか?

肉食系男子は埼玉県、草食系男子は大分県!?

   恋愛における「告白」について、今度は男性の方。自分から告白すると答えた男性が最も多かったのは埼玉県でした。この結果も先ほどの徳島県の例と同じく意外でした。私の数少ない交友関係からですが、総じて埼玉県出身の男性はおとなしい人が多く、恋愛に関しても浮いた話はあまりなかったように思います。先ほどの「47の県民性」でも埼玉県男性の恋愛・結婚観として、

  • 恋愛に消極的
  • 受け身な所があるので、女性から告白することで交際に発展する
  • マイホーム・パパになりやすい
  • 協調性や順応性があり、温和で控えめ

  どうも恋愛に消極的な県民性と愛の告白に積極的なことは結びつかないようです。ただ埼玉県は人口の流入が著しく、また全国各地からいろいろ考え方を持った方々が埼玉県に居を構えていったこともあり、以前から埼玉県に住んでいる人と新しく定住した人の恋愛に関する考えは全く違うものになっているかもしれませんね。

 男性のほうで、告白を待つと答えた方が最も多かったのが私が生まれ育った大分県。これはわかるような気がしました。私も恋愛に関しては絶対に待つほうだし、若い頃も女の子を好きになっても、決して自分から行動することはありませんでした。ひたすら好きになった女の子の方からアプローチされるのを待つのみ、前に超が付くほどとても消極的な若者でした。ただね、告白されたことは何回かはありましたが、自分で自分の墓穴を掘り、結局のところ、悲しい哉、若い頃に恋愛がうまくいった例はこれっぽっちもありませんでしたが・・・!!

 大分県出身の男性の恋愛・結婚観として、「47の県民性」では、

  • 内向的で、なかなか恋愛に発展しない
  • 自分というものを持っているので、女性にホイホイついていくことはない
  • 保守的な考えが強く、不倫は絶対にダメ
  • クールな性格で、負けず嫌い
  • 中身は誠実で優しい人が多い

 この見解は的を得ているというか、まさに私がそうです。私も恋愛に関してはかなり保守的で、周りからは頭でっかちな考えだと言われています。不倫というのはするのもましてやされるのも無理で、周りでも不倫をしている男女を見ると傍に居られたり、触られたりすることには、悪いとは思いつつもかなり露骨に拒絶的な態度を取ります。

 さらに、日刊ゲンダイに掲載された矢野さんの見解は、

  • 大分は特徴に乏しく、静かな人が多い

 と分析されています。

 “大分は特徴に乏しい”とは随分と辛辣なご意見ですが、これは大分県が江戸時代に今の大分県にあたる地域は、中津杵築(きつき)・日出(ひじ)・府内 (大分)・臼杵 (うすき)・佐伯 (竹田)・ (玖珠 くす)の8つの小藩と幕府や九州の各諸藩の飛び領が県の各地に点在したので、県としてのまとまりがあまりなく、他の九州の県に見られるような県としてのアイデンティティに欠けるためだと思います。

 また大分県の県民の気質を表した言葉に「赤猫根性」というものがあり、これは人に懐かず油断のならない猫をもじったもので「狡賢くって、偏屈」、「ケチで、がめつく、利己的で協調性がない」という意味があります。こんな有り難くない言葉が生まれた背景にはこうした歴史的な背景が大きく影響したと思われます。

恋愛相手の年の差

  今回のソニー生命保険の調査では、各都道府県の男女が“年上好き”か“年下好き”かも調査しています。これについては日刊ゲンダイでは言及していないので結果を掲示します。

◆恋愛における「年の差」について

 年上が好き(全国平均)  男性(19.2%)女性(47.3%)

 男性 1位 茨城県 42.0%

     2位 滋賀県 34.0%

     3位 福井県 32.0%

     4位 秋田県大阪府大分県 28.0%

  女性  1位 岡山県 66.0%

     2位 山口県 60.0%

     3位 福井県大阪府長崎県 58.0%

 年下が好き(全国平均)  男性(33.7%)女性(8.7%)

 男性 1位 山梨県 54.0%

     2位 静岡県愛媛県沖縄県 46.0%

     5位 埼玉県 44.0%

  女性  1位 山梨県 18.0%

      2位 山形県 16.0%

      3位 栃木県、滋賀県、福岡県 14.0%

  この調査で注目すべきは、年上の女性が好きな人の割合が最も多かった茨城県と年下の女性、男性の双方が好きだった割合が最も高かった山梨県

 茨城県の男性は全国平均の2倍以上の男性が年上の女性を好むという驚くべき結果が出ていて、ポイントで2位を大きく引き離しています。「47の県民性」で茨城県の男性の性格を調べてみますと、

  • 協調性に欠ける面がある
  • 「怒りっぽい」「飽きっぽい」「忘れっぽい」
  • 人の顔色を伺うのが苦手
  • 根は真面目

 ちょっと言い方は茨城県の男性に失礼かと思いますが 、ヤンキーというか何処となく気のいい不良のお兄さんというイメージが私には湧いてきます。そうした男性にはしっかりした女性が必要で、そうした潜在意識があるからこそ茨城県の男性が年上の女性に憧れるのではないかなあと推測されます。(あくまでもこれは私の勝手な推論ですが・・・)

 年上の男性が好きな割合が最も多かったのは岡山県。これも例によって「47の県民性」で岡山県の女性の特徴を調べると、

  • 明るく温厚で、感情的になることはない
  • 真面目で一生懸命
  • 姐御肌で草食系男子にモテやすい
  • 打算的な面が強い

 ちょっとこれだけでは、岡山県の女性の多くが年上の男性を好む理由はわかりませんが、最後の打算的という言葉にヒントがあるかもしれません。年上の男性は容姿はともかくとして、金銭面では年下の人よりは余裕がありますからね!?年上の男性を好む女性は2位山口県、3位福井県大阪府長崎県と西日本の方が多いようですね。

 年下女性が好きな男性が最も多いとされる山梨県、例によって「47の県民性」で山梨県の男性を調べてみると、

  • 恋愛には積極的
  • 真面目で努力家、忍耐強い
  • 負けず嫌いで協調性は低い
  • 一途な性格で、尽くすタイプが多い
  • 結婚後は堅実

  ちょっとこれだけでは分かりかねるのですが、恋愛に積極的な面において、山梨の男性が年下の女性を好む傾向にあるのですかね?

 年下の男性を好むのがNo.1だった山梨県の女性、これは前述したとおりに恋愛に積極的で肉食系の側面もあるのでさもありなんといったところですかね!?ちなみにソニー生命保険の調査レポートには、「福井県の男女は、男女問わず年上好き、山梨県の男女は同様に年下好き。福井県山梨県の男女は、県内よりも他県の人との恋愛の方が上手くいく」とご丁寧にご注進されていました。 

おわりに

  最後になりましたが、今私が住んでいる静岡県の男女の恋愛・結婚観はどうなっているのでしょうか?

 例のごとく「47の県民性」で調べると、まず男性は、

  • 穏やかでおっとりしていて協調性がある
  • 恋愛に関しては消極的
  • 最後の一押しは女性からのほうが多い
  • 結婚後は尻に敷かれる

 静岡県の男性は「告白」については待つほうでランキング3位になっていますので、これは納得のいくものだと思います。続いて静岡県の女性は、

  • 性格はサバサバして男っぽい
  • ストレスをあまり溜め込まない
  • 恋愛に関して積極的
  • 性生活も積極的
  • 結婚後は夫を尻に敷くようになる

  私は静岡には13年以上住んでいますが、やはり静岡県では女性の方が男性よりも積極的で活発で、しかも若干おしゃべり、どちらかといえば主導権を握りたがる傾向にあるようで、これは今いる職場でもよく見られる光景でもあります。性格的にも温厚で穏やかなので、これまで職場にいる静岡県の女性とはトラブルになったことはありません。

 ちなみに大分県出身の私、「47の県民性」によると、大分県の男性と相性の悪い女性は神奈川県、静岡県奈良県だとか!?静岡県奈良県の女性とは付き合ったことはありませんが、実は私の嫁は神奈川県出身!! 神奈川県の女性は協調性もあり社交的でもありますが、割とマイペースな所があるそうです。そのマイペースに随分と泣かされてきたのですがねえ・・・!?

 

今回参照とした、ソニー生命保険がリサーチした“47都道府県別 生活意識調査”です。私のブログでは“恋愛”の事しか取り上げませんでしたが、この調査では、各都道府県の生活・家族に関しての意識の違いや恋愛観や教育観などがわかり、また自分の住んでいる都道府県の県民性を理解する上で参考になると思います。

 リンクを貼っておきますので、興味がある方は下記のリンク先からどうぞ

www.sonylife.co.jp

バレンタインギフトに!!

 

過去の記事から

kitajskaya.hatenablog.com

kitajskaya.hatenablog.com 

追伸:当ブログの読者の皆様へ

 いつも当ブログにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。

 さて、当ブログ「五つの池の喫茶店」ですが、ついにというかようやくというか、ブログの読者数が100名を超えました。このブログの読者の皆様に改めて感謝を申し上げます。

 思えば2014年10月くらいにOCNブログ人から移設して、3年半くらいでの達成、他のブロガーの皆様から見ればかなり遅いですが、このような駄文で全く毒にも薬にもならない文章を読んで戴ける方がいらっしゃるだけで光栄です。

 私はブログで稼ごうとかメッセージを送るとか明確な目的があってブログを運営しているわけではないので、今まではあまり読者の数は気にはしていなかったのですが、やはり数が増えるということはブログ記事を書く上では励みにもなります。

 今後もあまり更新できず、そして大した内容なものは書けませんが、読者の皆様におかれましては、吹けば飛ぶような三流ブログですが、何卒これからもよろしくお願いいたします。

 

f:id:Kitajskaya:20180210145141j:plain

 

参照:日刊ゲンダイ 2018年2月7日付 山梨オンナ 愛の告白に積極的な深いワケ

   ソニー生命保険 47都道府県別 生活意識調査2018

   47の県民性 山梨県出身の特徴、大分県出身の特徴、

         徳島県出身の特徴、埼玉県出身の特徴、

         茨城県出身の特徴、岡山県出身の特徴

         静岡県出身の特徴、神奈川県出身の特徴

   Wikipedia 大分県

   はてなキーワード 赤猫根性とは

写真:無料写真素材 写真AC ハートの鼓動 はむぱん

            

お恥ずかしい文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。クリックして応援していただけたらうれしいです!


人気ブログランキング